姫の”声”

やっぱり気になるなぁ

「V」まで終わりちょうど折り返し地点。(全11話だから、正しくは「VI」が折り返し地点か?まっ、いっか)

今まで観て気になること。物語とは直接関係ありません。


結子さん、かなりしんどそうです。何よりも、声がつらそう。

あの声は、演技ではないと思う。体調が良くなかったんですね。

それも長い期間。

今までの回、すべてで、どこかの場面で、声がつらそうな場面がありました。

体調が悪い中、演技内容も、体力、精神力がいるものになっていて、画面から、それが伝わってきます。

特に、目の表情、すごいです。かなり”力”、入っています。

倉田と接する時の目の表情、さすがです。姫川の心の中が、”目”でみてとれる。


”タケウチもうだめかもしれない”、心底、そう感じたのかもしれないと、このドラマを観ていて感じました。

ドラマ観ながら”タケウチ”がんばれ!と応援しています。


ジム通いも、このドラマの撮影がきっかけ、というのはなんとなく頷けます。基本、負けず嫌いですから。


スポニチ、「V」に内容が変更になりました。視聴率は15.4%
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/drama/2012/Strawberry/

この記事へのコメント

マコ
2012年02月09日 01:37
とんとんさん、こんばんは。

“タケウチがんばれ”解ります

今更ながら3話の竹内さん良かったです。
取り調べのシーンは息をするのも忘れて見入っちゃいましたよ。
まだ5話を観てないので、この先7話も観れるなんて幸せです

とんとんさんと同じく“タケウチがんばれ”と思いながら観ています。
とんとん
2012年02月09日 09:30
マコさん、こんにちは。

”姫川玲子”として観ていたり、”竹内結子”として観ていたりするとがあるのか、観終わった後、妙な感じになるんです。

オンタイムで観ることはほとんどできませんが、一回目は、とおしで観て、2回目以降で”細かく”観るが、今の”ペース”です。

結子さんが演じる”姫川玲子”はこんな感じ、っていうのもなんとなく消化でき始めています。今後も楽しみです。
riki
2012年02月09日 18:18
>マコさん
>3話の竹内さん良かったです。

ツイッターなどでも話題になっていましたね。
結子さんの感情表現は本当に真に迫ってキレがあって迫力がありますよね。
この良さが、もっと多くの人に広まって欲しいですね。

この記事へのトラックバック