上映前、それとも上映後

舞台挨拶、あなたらどちらを選びますか?

先日いってきたゴールデンスランバーの初日舞台挨拶ですが、結子さんも言っていましたが、初めて上映後の挨拶でした。私自身、他の映画も含めて、始めての上映後の舞台挨拶でした。

で、ちょっと考えてみました。上映前と上映後のどちらの舞台挨拶に参加するのが良いか。まぁ、当然上映後ですね。映画の余韻もあることながら、キャストの方も話しやすいと思います。先日の、濱田さんの「びっくりした」は、上映後でないと聞けない言葉ですし、本人も結構狙っていたのでは?と思いました。香川さんの”手”の演技の話も同様です。客席からかかった”たいへんよくできまいた”の声も、上映後だからこそ、雑音にならず、その場の雰囲気を壊さないものになったような気がします。フォトセッションも自由度がたかくなりますから、小道具も使ったりできます。

チケットの販売も、上映後の舞台挨拶の方が、早く完売になりますね。

キャストを近くでみたいのであれば、上映前のチケットを狙ったほうが良い席がとれるような気がします。

先日の舞台挨拶を振り返ってちょっと呟いてみました。あなたらなどちらを選びますか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック